« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

2015年12月18日 (金)

 3・11反原発福島行動'16 の呼びかけ文が発せられました。今回の会場は郡山市・開成山公園です。
 
 変える力はここにある! 私たちが歴史を動かす!-3・11反原発福島行動’16のスローガンです。戦争法に反対して連日国会前を埋めた10万人を超える、そして全国各地での100万人、1000万人といえる労働者・学生・民衆の闘いのうねりは、今もしぼむことなく全国・全世界に広く深く拡大しています。ストライキで闘う労働組合の力を先頭に、福島の怒りの総力結集で「戦争と原発再稼働の安倍政権を倒せ!」の反撃に立つ、それが5年目の3・11福島現地の闘いです。全国・全世界から、賛同・参加のご協力をお願いします。
 政府は、年間20ミリシーベルトを基準に、2017年3月までに「帰還困難区域」を除く全市町村への帰還を強制しようとしています。いまなお県の内外に避難を余儀なくされている10万人を超える人々への精神的賠償も、「自主避難」した人達に対する住宅支援も打ち切られます。ゼネコンだけが潤うアリバイ的な除染作業で、通学路などの放射性物質がいたずらにまきあげられ、新たなホットスポットを作り出しています。美しい里山を無残に削り取ったあとには無数のフレコンバッグの山が築かれ、行き場もないまま野ざらしにされています。事故で溶け落ちた核燃料の様子は今も何も分かっていません。汚染水問題の解決が不可能で、いずれ完全な垂れ流しになることは目に見え ています。
 150人を超える小児甲状腺がんの発症にも「放射線の影響とは考えにくい」と繰り返すのみの国や県を本当に信じている人などいません。先日、福島原発事故収束作業にあたっていた原発労働者としては、はじめて白血病の発症が労災認定されました。累積線量は1年半で19・8ミリシーベルトでした。現場には動揺と怒りが充満しています。年間20ミリシーベルトを帰還の基準にすること自体が殺人的な政策であることは明らかです。
 事故をなかったことにすることなど絶対にできないし、原発の再稼働も海外輸出も言語道断です。世界戦争が目の前に迫っているなかで社会のあり方の根本的変革が求められています。原発労働、除染労働は究極の非正規労働であり、「経済的徴兵」で戦争に若者が駆り出される非正規と貧困の問題とも一体です。
 原発事故収束作業を自分たちの手で管理運営できる労働組合の建設など、闘いは具体的に問われています。帰還強制のためのJR常磐線全線開通を「被曝労働拒否」のストライキで阻止する動労総連合の闘いがその先頭に立とうとしています。「避難・保養・医療」を掲げるふくしま共同診療所も住民の心の拠り所として信頼を集めています。こうしたたたかいの拠点から国際連帯も確実に広がっています。  3・11は原発と核をなくそう、社会を変えていこうと福島の人々が怒りを怒りとして闘う日、全世界と行動を一つにして行く日です。子どもたち、学生、親たち、仮設の住民、農民・漁民、すべての労働者の怒りと思いを一つに結集し、行動する日にしていきましょう!
2015年11月30日

20151120133323e7c

2015年12月17日 (木)

ドキュメンタリー番組に全学連の仲間が登場

01

 

福島では見られませんが、テレビ東京の番組で全学連の仲間が登場します!

http://www.tv-tokyo.co.jp/kakumei_ore/

2015年12月14日 (月)

布施院長の報告

ふくしま共同診療所の〈避難・保養・医療〉の原則を改めて強調。
①避難できる人は避難すべき。
②避難できなくても、放射能の心配のない地域に数日でも保養に行ったほうが良い。
③その上で、高線量下で生活している地域住民の健康を守る。

原発労働者についても触れました。「彼らが被曝しながら必死に作業しているから、福島第一原発がなんとか持ちこたえている。彼らの健康を守ることが必要」

そして、小児甲状腺がんの多発に関しての説明をしました。
ふくしま共同診療所は、がんに限らず放射線によって生じる様々な健康被害、心配、苦悩などにもしっかり向き合っていくということが語られました。

Img_20151213_141630

2015年12月13日 (日)

矢ヶ崎さんの講演

矢ヶ崎さんの講演「内部被ばくの危険を隠し続ける原発利益共同体」。
Img_20151213_134413
犠牲より公益の方が大きいならば被曝もやむなしとするICRPと、その勧告通りに基準を作る国のことを、「殺人の合法化」と厳しく批判。
そのうえで、農業生産者の苦闘にも触れました。
「『100ベクレル以下だから食べて良い』『売らなければ食っていけない』と従順にならざるを得なくしている政府や東電のやり方を変えさせなければなりません」
「『安全な食べ物で長生きする』ことを曲げざるを得ないと思ったとき、そのとき「待てよ」と勝負するしかありません。」
「政府に住民を守る措置を誠実に取らせること、それには住民力以外あり得ません」

ふくしま共同診療所の報告会

ふくしま共同診療所報告会in 郡山に来ました。これから始まります。
Img_20151213_120026

琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬先生の講演、ふくしま共同診療所院長の布施幸彦先生の報告があります。
な全からの保養取り組みの報告もあります。

« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »

ブログパーツ

お知らせ

  • ☆福島金曜行動
    毎週、金曜日18~19時福島駅東口エイブル前

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー